2012年08月11日

バカ尾根


今週は、GENOMシリーズの
8.4ボクシングと
昨日8.10登山をフィーチャー。

登山から。

早朝5時出発、6時20分登山開始。
登山5時間45分、下山4時間15分。
帰路の東名大渋滞で10PM帰宅という闘い。

<富士よりキツい>と
ダモシ、アントニオ、ワイフ三人とも口にした。

まずはフェイスブック寄稿分から。

:::::
GENOM-登山シリーズ第二弾。
無事に登頂と下山を終了。
22時、帰宅。

既載の通り、
登山5時間45分、下山4時間15分。
頂上での小休憩以外、合計10時間の格闘。
下山時、アントニオ選手はめずらしく泣き、
相当厳しかったようですが、フィニッシュ。

<馬鹿尾根>と悪名高き尾根を縦走するコース。
なるほど、その悪名通りで
「ん?」→「あれ?」→「あれれ?」
そして「あれっ?!」と来て、
最後は「何だこれは!」と
腹が立つほどの道でした。

富士山よりキツい。そう感じたほどです。
それもそのはず、
富士山での連続した登山における
最高標高差は五合目→九合五勺の
山小屋の約1,190m。
しかし今回はそれを上回る約1,291m。
連続して登山(及び今回は下山も)での
標高差は富士山を抜きました。

その上、
前述の通りの<馬鹿尾根>と呼ばれる
『どうしてこういう登山道になるのか?』
と理解出来ないほどの苦しい構造が重なり、
もはや体力が高い方の私もアントニオも
(特にアントニオにとってはあり得ない)
筋肉痛と張りで、
足が動かない状態になってしまいました。
帰路の東名も大渋滞。
ドライブ中、両足がつるという
危険な状態にも陥ってしまいました。

とまれ、無事に下山までを完遂し、成功。
レジャーではなく、
またもや今回も
修行、特訓と相成ってしまいましたが、
それでも子供の教育上、
最後までやり切ることの重要性を
また今回も彼は得られたことでしょう。
寝不足の中、よく頑張りました。

今夜は、本気の本気で眠ります。
リアルにこの山はもう二度と行かないでしょう。
登山と下山を一気に連動しての部分として、
とてもつらかった。もうここはイヤですね。
本当にここは<馬鹿尾根>であると思います。

山は標高の高低ではありません。
谷川岳とて2,000mに満たない山ですが、
遭難率がたいへん高いといいます。
そしてその登山の形式と登山道の形状、仕掛け、
天候等。これらによって大きく異なってきます。
それに合う合わないもまた、しかりですね。

特に下山。これがたいへん厳しいです。
ここの下山は、富士山よりたいへんでした。
:::::


そして今日、フェイスブックのみの読者も
見られるようにウェブ上に掲載した文章を、
ダモログ定番の考察モノとして以下に掲載。

写真はフェイスブックにアルバム掲載したが、
今回それもブログのみの方も見られるようにした。
出来ればアルバムの写真を見ながら
下記考察をお読み頂けると意味もより分かると思われる。

◇フェイスブックのアルバムを
以下をクリックすれば
フェイフブック未登録者も閲覧できる。

http://www.facebook.com/media/set/?set=a.230615887060292.48765.100003356468759&type=1&l=b89c795358

で、本編は以下。

<GENOM.2-登山-バカ尾根>:::::::

<バカ尾根>と揶揄される大倉尾根。

富士山よりキツいと感じたのは、なぜなのか。
そして、どうして苦戦したのか。
アントニオすら苦しんだ要因は?

ブログ恒例の考察シリーズを特別掲載。

往路、富士山の九合五勺に登るよりも時間を要した。
復路、富士山頂から静岡側五合目まで下山するよりも
時間を要した。

自身、山が初体験ならいざ知らず、
アントニオ含めて富士山にも登っている
(アントニオは対富士は、悪天候での撤退により
 八合目まで。とはいっても彼は八合目まで
 息も切らせず登った)。
那須岳の主峰・茶臼岳も登頂している。
そもそも、空手その他で体力もある。

にもかかわらず、という部分でのWHY。

A:
連続して登り(下りる)標高差

富士山。
静岡側五合目から九合五勺まで一気に行った。
その標高差は、1,190m。
ただこの場合、途中から高度3,000を超えるため
酸素が薄くなり苦しくなってくる。

茶臼岳。
標高1,915mの山。
七合目から車で行き、
九合目1,684m地点までロープウェイ利用。
そこから頂上まで登った標高差は231m。
それでも楽ではなかった。
ここの上りはボルケーノ特有の岩場ばかりになる。

そして今回。登山口は200m地点。町の中だ。
そこから頂上1,491mまで標高差は1,291m。

連続して登った標高差は
富士山(静岡側五合目→九合五勺)より
100m高いことになる。

山頂の標高だけで見れば、
いささか油断が心に生じるのだが
実際に登る標高差として考えると
富士登山(静岡側五合目→九合五勺)よりも
高いのである。

山小屋の主人に呟く。
<富士山よりキツい気がしますね・・・>

主人は、意を得たように応える。
<さよう。ナメたらいかんです。
 標高差はかなりありますからね>


B:登山ルートの構造

これがメインの要因であり、
このBの中に様々な要素がある上、
それぞれの要素がもたらす罠や
心身両面への悪影響が、
この大倉尾根の悪魔のような所作である。

特に様々な
アトモスフィア(大気感/空気感)が
まさに仮面貴族のように間断なく登場し
心理的に大きく疲弊させる。

多種多様なアトモスフィア=
1/ハイキングや遠足的世界観
2/岩場、崖などの苦行&危険世界観
3/上高地的高所リゾート風世界観
4/不規則ながら延々と続く階段がもたらす
  修行的世界観
5/ジャングルを往く的世界観
6/熊野古道のような石畳的静寂世界観

これらが間断なく登場する。
そして、
アップダウンの「ダウン」と
時々出てくる平地の「ハイキング」感が
大いなるアメとなって、
延々と続く「アップ」の"延々と"ぶりに
拍車がかかり、そのムチ度合いが尋常ではなくなる。

"迷惑"なのである。
あるいは奥田英朗氏の小説のタイトルのように
"無理"と言いたくなる心理状態になる。

要するに、断崖絶壁やエヴェレストの標高、
超絶悪天候、3,000mや6,000m的世界観で
酸素欠乏分水嶺ごと苦しくなる高度ではない
ことから、「楽だろう」と想像しがちな状況で、
先が(終わりが)見えない中で
延々と不規則な幅、足元が変化(石畳だったり
岩だったり土だったりその他もろもろ)する
「わざと?」と思える作りの<階段>が
続くことで、心が次第に萎えてくるのである。

<これはヒドい!なぜ階段にするのだ!>
と叫ばざるを得なくなる。

富士山のように、
晴れてさえいれば次の目標
(六合目、新七合目、元祖七合目、八合目、
 九合目、九合五勺・・・云々)を
視界に捉えながら黙々と登るのと、
先がまったく見えない
(何度も行っていれば分かるだろうが、
 ここではいずれも初体験としての比較である)
中を、延々とこれを登らされる世界は厳しい。

まさに「登らされる」気持ちになってしまうのである。

しかも忌まわしい階段が終わると、
岩場を登り、ジャングルを抜け、
一人分しか歩くところのない両側は崖という
世界も間断なく登場し、
それらを終えればまた延々と続く階段・・・。

<これはもうイジメだ!>とまた叫ぶことになる。


C:
下山時のNO-MAS的イヤイヤ

下山時はもはやノーマス!と叫び、
赤ちゃんのようにイヤイヤしたくなる。

本当にこれを登っていったのか?
と、己を逆に褒めることになる。
むろんそれは富士もそうだが、
富士よりもその感情度合いは激しい。

B要因の構造にも重なるが、
下山時も「目標」がまったく見えないのである。
ここまで行けば云々という安心感が
冨士にはある。

前述の通り「合目」ごとの到達点が見えるからだ。
悪天候で見えない場合でも
初体験の場合でも
「合目」ごとを確実に目標として登っていく
ことで、安心感が生まれる。いわばゴール感だ。

ここまでまずは行こう。
よし次はここまでだ、というふうに。

だが、大倉尾根はない。それがない。

そして、B要因の構造が
下山時に一気に心身両面のダメージとなって
襲いかかるのである。

心理的に「早く下りたい。帰りたい」がある。
予想を大幅に上回った所要時間。
天気も変わりやすい中、一時、視界不良で
ライトをつけることにもなる。
そして、日没的様相が漂いつつある。

焦りが生じる。
早く帰りたい。もう下りたい。ゴールしたい。

下山こそ、登山の最大の敵ともいえようか。

アップダウンがあった。
だから疲労しているのに
下山時でもまた登らされる。

例の階段。
これは登りよりも下りでダメージを受ける。

登りは何とか「キツイなぁ、結構」で済んでいたが、
下りは、具体的に脚、足に負担が増えてダメージを負う。

キラー・ワイフが心理面を分析した。
なぜ肉体的にも精神的にも強いアントニオが
ここまで苦しんだのか。

登山時は元気満々だったのに
下山時に泣くほど苦しんだのはなぜなのか。

「階段だ」と。

<不規則な階段が、
 自分の脚で登るというのではなく、
 階段に合わせて登らなければならないから
 精神的に追い込まれていったのだと思う。
 岩場は自分で足場を選び自分で上り下り
 する。彼は受け身が嫌いなのだ。
 すべての異なる幅と足場の階段に
 合わせざるを得ない、しかもそれは大人の幅。
 それが最大の要因でしょう。
 すべては、下りのあの階段>

と分析する。

同意する。

それにプラス、やはりゴール感だろう。

大人側が、アントニオを鼓舞するために
<もう少しだ。がんばれ>と言うのだが、
その言っている大人側にも
どこまで下りれば(登りもそうだが)
ゴールなのか、
あるいは次の目標はどこなのかを
まったく把握出来ていない。

だから言葉自体が空虚なものとなる。

最後、父親としてシュールな言葉を
投げかけるしかなくなる。

泣きながら下りるアントニオに対して

<登山は、頂上まで行くことがゴールではない。
 下山まで無傷で事故なく下り切って、
 やり切ってこそ、ゴールだぞ。
 ゴールに辿り着くまでゴールは来ないのだ。
 思いっきり、フザケルナ!と叫んでいいぞ。
 でも、やり切るのだ!>

だから、富士山でも何でも
頂上に到達した際に、毎度、達成感はないのだ。

感動とかそういうものは、ない。

あぁ、これを下りなければならないのだ、と。
それが先立つからだ。
イヤだ、と。避けたい、と。
でも、下りなければゴールには届かない。

通常、目標やゴールは「頂点」だ。
何事もそうだろう。

だが、ひとつには、
山は、頂上が必ずしもゴールではない。
人によって異なるが、
我々にとっては頂上がゴールではない。
無事に下り切ってこそ、
スタート地点まで戻ってこそ、である。

それが、「やり切った」ということになる。

(空手の試合で勝利の喜びや敗北の悔しさでの
 ものは除き)久しぶりにアントニオが泣いた
のを見た。

リアルにつらくて泣いていた。

だが、やはりそこは、やり切ったところに
大きな意義がある。

登頂し、そして下りてきた。
それをすべて己の心身すべてでやり切った。

シンプルだが、
こういうことのひとつひとつの積み重ねが
成長の糧になる。

むろん、仮に「もうイヤだ」と彼が
歩を止めた場合、
どんなに危ないところでも
きっとその場に置いていくだろう。
そういう親だということが
本人も分かっているから
それも最後までやり切るバックボーンになっている。

<ダディなら、置いていくだろうな>と
彼は分かっている。

<やり切らないと認められないだろう>ということが。

下山途中、
この登山をやり切った場合の報酬を
当初の500円から
2,000円に引き上げた。

途中で1,000円になり、
それが本人のリクエストで1,500円になり、
最後は2,000円になった。

それを認めた。

<富士山より楽勝だよ>という言葉だけで、

<バカ尾根>であることを隠匿していた
罪滅ぼしでもある。


アントニオは言った。

<自分が親になって
 子供が行きたいと言っても
 ここには来ない!>

気持ちは分かる。

我々はもう二度とここは登らない。

だが、彼はきっと行くだろう。
自分の、仮に直系遺伝子(男児)が
行きたいと言ったら、
彼は連れていくだろう。

そして、今回のことを想い出すはずだ。

人生は予告編の連鎖。
そして、すべての過去は物語になる。


posted by damoshi at 16:15| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

判定と組み合わせ順の陥穽


先の週末から巷では
当然のごとくロンドン五輪の話題が多くなっている。

ここまでの数日で気になることが二つ、ある。
むろんリアルタイムでフェイスブックに掲載しているが、
その二点とは以下だ。

◆判定問題(誤審からの再判定/ジュリー出現)
◆トーナメントの組み合わせ(めぐりあわせ/クジ運)

まず、前者。
リアルタイムでテレビで目撃しただけでも多い。
とりわけ柔道、そして体操。
いずれも日本絡みだ。
これが日本国内での放送で日本選手を映している
一部の中でさえ多いのだから、
全体で見ればもっと起こっているのではないか
とさえ思えてくるほど、アグリーだ。

技有りや有効の判定取消が度重なった上に、
とりわけ目に余る事象が、
柔道男子66kg級準々決勝の
海老沼選手と韓国のチョ選手の試合で起こった。

そもそも最初の旗判定で
主審・副審全員がチョ選手に挙げて
3-0でチョ選手の勝利になった自体、
What !?と言わざるを得ない判定だったが、
それに対して日本側が猛抗議。
ジュリーが登場し、協議。

そして驚愕のシーンが訪れた。
何とまあこの審判団、旗判定のやり直しをした。
びっくり、である。
そして何と今度は逆に3-0で
全員が海老沼選手に旗を挙げた。
口あんぐりである。
何をしとるのか、と。
チョ選手の肩を持つわけではないが、
これはいくらなんでもアグリーであろう。

この主審・副審合計三人の
存在証明とレスポンシビリティとは一体、何なのか、と。
どういう意識で判定を下しているのか、と。

厳しいようだが、一生に一度あるかないかの大舞台。
選手はまさにSINK or SWIMの状況で
闘いに臨んでいるのだ。
審判も、それなりの<覚悟>をもって
その任務にあたらなくてはならない。

極論すれば民間航空機のパイロットと同じである。
乗員乗客の命を預かり、覚悟を持って
操縦席に座っているはずだ。
そのくらいの覚悟を持たなければ
厳しいようだが、審判をやる資格はない。
簡単に覆す判定を下すのは、けしからん!
とダモシは率直に思うわけである。

且つそれが生む弊害が、ある。

このジュリーの存在強化と
判定の取消は、度々、試合を止める。
流れを阻害するのである。

それは、
歓喜と失意という
スポーツにおける闘う者が表現する
特有の美:<モーメント>を
度々阻害しているということである。

瞬間の美。瞬間の歓喜、失意。
ひとたび歓喜したのに、
それが取り消される。
これはどういうことだろうか?
気持ちの持って行き場がなくなるだろう。
選手は。

もちろん誤審や恣意的な判定を
正常化させる意味でのジュリーの存在は否定しない。

アントニオ選手の空手でも
度々、不可解且つUnacceptableな判定で
決勝で負けにされたケースが複数回ある。
明らかに誤審だろうというケースで
後にそれを認めたということも実際にある。
そして、どう考えても"恣意的"な判定も度々。

スポーツマンシップやらアマチュア精神などで
昔は審判に抗議することは認められなかった。
今も高校野球はもとより
子供の空手も同様だ。

だが、審判の質の低下は全体的に否めない。

だからこそそれを正すジュリーの存在や
ビデオ判定は必要性を増している。

だが、
正常化を図るためのジュリーは良いとしても、

・スポーツの機微である歓喜や失意の
 モーメントを阻害し、やり直させることで、
 "どっちらけ"をもたらしている現実

・では、そもそも主審と副審の
 存在とはなんぞや?という大いなる疑問

を、
ジュリーの存在(あるいは)
審判の質の低下が、
皮肉にも生んでいると言わざるを得ない。

はっきり言って、「しらける」わけだ。
スポーツの絶対的な魅力の一つである
<モーメント>を取り消して
なかったことにしてやり直させるという所作は、
Sink of Swimの闘いをしている
選手たちには酷である。

男子体操団体も同様だ。
これも日本絡み。
日本側の猛抗議によって判定は覆され
辛うじて、「結果銀メダル」に輝いたが、
内村選手を筆頭に
何とも後味の悪い結末を感じただろう。
見ている側も同様だ。
覆って銀になったとて、歓喜はない。
逆にひとたび結果を受けて歓喜にいたった
イギリスとウクライナを応援していた人々と
選手、関係者の心中を察すると
たいへん残念な事象と感じるわけである。

<判定>競技は大変難しいのは分かっている。
アントニオのそれで身に染みている。
だが、或る一定レベル以上になれば、
勝ったか負けたかは分かるものだ。
贔屓目抜きで、負けてるかな、と感じた場合は
負けと判定されても納得がいく。

不思議なもので、
互いに技有りなしの
紙一重の判定勝負になった
これまでの試合で、
<負けかな・・・>と感じた場合、
100%負けの判定になっている。
だが、
<こりゃあどう見ても勝ったな>と感じた場合でも
負けにされるケースも多く、
<微妙だな>と感じた場合は、
ほとんど負けにされている。

ラッキー勝利が一度もないのだが、
相手にはそういう意味でのラッキー勝利は多い。
実際、主催者の息子だのが相手の時はそうなっている。
さらに相手選手の道場の先生が主審をやっていたり、
主催者と関係のある団体の選手が相手の場合に
往々にしてこういう判定になっている。
ある意味で、短絡的な判定というか、
分かりやすいほど恣意的な判定は、
現実にあるのだ。

それが子供の、しかもドメスティックの試合ですら
あるのだ。

国際試合や五輪になれば、よりあり得る
という前提がダモシの中にはあって、
そもそも判定競技における審判に対する信頼は
まるでないといっても良いのだが、
図らずもウクライナの監督のコメントが
すべてを表していると思う。

<陸上の100mは、100m。
 でも体操だとそれが95mや105mに
 なることがある>

皮肉とエスプリの利いたコメントといえるし、
リアルな現実を表している。


*****


後者。

トーナメントにおける組み合わせ順。
クジ運あるいは
操作された組み合わせのめぐり合わせの悪さ。

これもまた厳然と闘いには存在する。

だから結果としての優勝と一回戦負けは、
常に表裏一体なのである。
むろんそれは選手の実力が一定レベル以上
であることが大前提だが。

そしてもちろん、
強い馬はどんな馬場でも強い
という理想論的格言があるように、
強い選手はどんな組み合わせでも勝つ
とスーパー・ポジティブにモノを言うこともできる。

だが、実際に闘いという舞台で
常在戦場で
SINK or SWIMの闘いをしていると
そこまで言い切ることはできないのである。

トーナメントの場合は、
<組み合わせ>が大きく結果に影響を及ぼすのは
明らかなることである。

直近では、卓球女子シングルス。
福原選手と石川選手揃ってベスト8。

が、準々決勝のそれぞれの相手は、
福原選手が世界ランク一位の選手で
石川選手が自身より下の同十一位の選手。
福原選手は破れ、石川選手は勝ってベスト4。

結果だけ見れば石川選手の方が上になる。
仮に石川選手が準決勝も勝てば
銀メダル以上になる。
破れても三位決定戦に勝てば銅メダルだ。
石川選手が上となる。

が、事はそう単純ではない。
ベスト8で闘いを終えた福原選手がダメなのか
ということにはならないのである。

女子柔道52kg級の
金メダル候補だった中村美里選手も同様。
あまりにも組み合わせ順が
悪かったとしか言いようがない。
もちろん勝てば良いのだが、
前述の通り、それは酷だ。

よりによって中村選手にとっての一回戦
(=初戦:実際には二回戦)で
金メダル候補のアン選手(北朝鮮)と
当たってしまったわけである。
アンは既に一回試合をして充分暖まっている。
アンが勝利。
結果的には中村選手は初戦敗退となった。

が、これを指して中村選手がダメなのだ
とはならない。

これもまたアントニオ選手で身に染みている。

アントニオ選手は直近の空手の大会で、
よりによって一回戦でチャンピオンと
当たった。当欄に掲載した<ザ・ショット>の
試合である。

残り二秒での
大技ナイアガラで大逆転勝ちしたのだが、
その一番にある意味で
すべての集中力を使った。
で、二回戦の対戦相手は
一回戦で普通に楽な相手に勝って消耗していない。
しかもアントニオ選手はインターヴァルなし
で二回戦を迎えざるを得なかった。
で、延長の末に結局判定で破れたわけだが、
普通にやれば負けないと素直に感じるわけだ。
且つその選手は最後まで勝ち上がった。
要するに、こういうものである、と。
これがクジ運、組み合わせ順の陥穽なのである、と。

優勝という最高の結果は、
これらも含めてすべての要素が完璧に
絡み合わなければ成り立たないということである。
特にこれに判定という微妙な世界観も介在してくる
競技の場合、その部分も鍵になってくる。

だからこそ、今年既に四度優勝を得ている
アントニオ選手はラックも多くあるということであり、
同時にまたこのような敗北や、
初戦負けというバッドラックも多くあるということである。

こういうふうにトーナメントの難しさは
厳然とあるのだ。
それを理解しなければならない。
金メダルを獲得した者だけをチヤホヤしていては、
物事の本質は何も見えてこない。

アントニオ選手の<ザ・ショット>の試合の後の
二回戦での敗北は、では、これが「二回戦負け」
と短絡的に言えるのかどうか、
ということであり、
中村選手のそれも「初戦負け」と単純に
消し去って済むのかということである。

ダモシは、アントニオ選手にこの時、
優勝と同等の価値を認めた。

中村選手も今回の五輪においては、
メダルに届かず
形としては初戦負けであるが、
決勝戦といっても良い組み合わせだったわけだから
悔しいのは大いにに分かるけれど
ちゃんと理解している人もいるのだから、
これを糧に次回に臨んで欲しいです。

仮にアン選手に勝ったとしても
アントニオ選手のように
次の試合で負けた可能性とて、あるわけなのだし。

必ず毎回組み合わせ順の悪い
アントニオ選手でリアルに身に染みているので、
特に中村選手には感情移入してしまったのである。

そのアントニオ選手の
よりによって天敵ともいえる
チャンピオンとの一回戦での激突を制した後の
二回戦での敗北。

これと同じ構図が、
ロンドン五輪フェンシング男子の太田選手と
いえようか。

これもまた、
よりによって初戦(二回戦)で
北京五輪の金メダリストとの対決となった太田選手。
しかしこれを打ち破った。

アントニオ選手と同じ構図だ。

が、次の試合で敗れてしまった。

まさにアントニオ選手と同じ構図である。

で、この選手が金メダルに輝くかもしれない。

ふたたび「要するに」ではあるが、
要するに、こういうことである。

これが闘いの機微である、と。

いわば、究極は
<(結果として)勝った者が強いのだ>
ということなのだろう。

そして言うべきこととしては、
やはり勝負は時の運も大きいということであり、

<時に勝ち、時に負け、時に雨が降る>
に行き着くのである。


*****

さあ、アントニオ選手の
ボクシング全国大会が刻一刻と迫っている。
今週末だ。

相手は皆、専門。
アントニオ選手は空手からの
異種格闘技参戦にして
初のボクシング試合。

どうなるか。
相手は学年上の公算が高い。
ボクシングだから体重階級別の闘いだから、
学年上との対決を覚悟しなければならない。
となれば、リーチでは圧倒的に不利だ。

戦法は、ひとつ。

マイク・タイソン型でいく。

正直、彼の格闘センスは高い。
そのセンスと、負けん気の強さに期待だ。

先週末、
マウスピースとボクシングシューズを買った。
そして今日、トランクスが届いた。
来年はムエタイにも臨み、
今後はレスリングや柔術も視野に入り、
本人は「プロレスもやりたい」と言い出している。

女子柔道の松本選手同様、
闘いになると目が変わるアントニオ選手。
ふだんのベビーフェイスは消える。

勝っても負けても元気よくガンガン闘って欲しい。

明日は通常の空手道場での空手稽古。
明後日の稽古は休み
別途施設を借りてボクシングの最終調整で、
ウィークエンドの闘いに臨む。

それが終われば来週は、
富士山に続く登山修行第二弾。
画像の山へ往く。

常在戦場、である。

闘いは、良い。
緊張感は、リアルにしびれる。

073112aa.jpg


posted by damoshi at 00:16| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。