2012年12月16日

選挙日


AM、選挙の投票に
アントニオが通っている小学校まで行ってきた。

09年夏の選挙に比べると
同時間帯に行ったのだが、人が少ない気がした。
全体的に投票率は下がるのではないか。
東京都知事選挙にしても予定調和甚だしく、
投票に行かずとも猪瀬が勝つことが
既成事実化されている状況は、
このニッポン、かつて大相撲の八百長に対して
イジメともいえる攻撃をしたが、
大相撲のことを言えた体か、と。そう感じる。

プロレスなどの格闘競技に対する見方同様で、
ではブックがないガチンコをやっているのか?
といえば、選挙もやっていないではないか、と。

例えばダモシの選挙区は、
みんなの党の江田候補が勝つことで決まっている。
ほれ見ろ、となるから、見ていて欲しい。
そういうふうに九州の麻生にしてもそうだが、
やらなくてもいい選挙をやってもしょうがないだろう
というのが本音だ。

ダモシは昨晩の寄稿の通り、<白票>を投じた。

棄権や「行かない」という行為は選ばない。
コメンテーターや評論家のように
己は何もしないくせに
論評だけはご立派な輩にはなりたくない。

その場に立って闘い、己の意思を表明する。

<白票>及び比例に関しても
『相応しい政党なし』と記述した。
無効票になってもいい。投票所へ行き、意思は表明した。

事実、忌憚なく、投じるに値する、
そしてこの国を任せられる政党はないのだから
しょうがないではないか、と。
悔しいなら、それに値する政党や候補者になってみろよ、と。
そういうところである。

要するに<資格なし!>を突きつけたわけである。

お金と時間があれば選挙に出ることは簡単だ。
ダモシにそれがあれば出られる。
都知事選挙の顔ぶれや、
衆院選の泡沫候補どもを見れば一目瞭然だろう。
何だ一体、あの維新云々は。
この国をナメているとしか思えない。

from the beginning.

これこそが、今のニッポンでやるべきことである。

そして今宵はどのテレビ局も
〜東京12チャンネルを除き?〜
またぞろネタが出来たぜとばかりに
選挙特番でハシャぎ、
阿呆なコメンテーターや評論家が出てきて
好き勝手なことを言い合うのだろう。

民度が低いとは、ほとほと、このことである。

121612.jpg


posted by damoshi at 15:22| R-246 ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。