2013年01月01日

謹賀新年


新年あけまして、おめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

年明けから恒例の大晦日review。
毎年掲載している紅白である。

昨年につづきSMAPの大トリには辟易した。
いきものがかりの「風が吹いている」で
壮大に終わることがメインイベントの王道だろう。
あるいは石川さゆり「天城越え」で締めるのが良い。
それはNHKも分かっているはず。
本質的なエンターテインメントを考えれば
誰でも分かることだろう。
しらけたSMAPの、盛り上がりのない締めでは、
締めにならないことは分かり切っているだろう。
毎度ながらプロの歌手のくせに下手すぎる。

何よりもアフリカの砂漠からのMISIAの、
あるいは美輪明宏、和田アキ子などの
本物のパフォーマンスと歌唱が続いた後半。
最後だけが、まったく"なっていない"。
力関係で、且つNHK絡みで(朝ドラの主題歌)
SMAPを最後に持ってくるのは
(そうでない去年も最後だった)、
やめにしてほしい。SMAP自身もバカでない限り、
自分らのパフォーマンスが後半登場した誰よりも
劣っていて相応しくないことを知っているはず。

"一応"、ニッポンという国に連綿と受け継がれてきた
年末の王道コンテンツでありイベントである紅白。
SMAPが大トリをやってしまうことで
一気にそれが軽々しいものに劣化する。
ゴールデン何とかみたいなのを出すのも同様。
浜崎あゆみのトップバッターももうやめないか?

美輪明宏の後を和田アキ子に、
MISIAの後を矢沢永吉に、
それぞれ配置した演出だけが
エンターテインメントのモノの順番と構成を
きちんと考えて、力関係抜きにガチで出来た
部分ではなかったか。
それだけここが上手だったから。
間違っても美輪明宏やMISIAの後に
SMAPは持ってくることはできないだろう。
力関係でそれを依頼されても
そこだけは譲れないところだったろうし、
SMAPもそこまでバカではないだろう。
自分たちの力のなさ(前座レベルであること)を
痛烈に感じさせられる構成になってしまうからだ。

ある意味で第一試合とメインイベントが
非常に重要なのがエンターテインメントであるが、
紅白に関していえば
その二つが揃ってお茶を濁す展開になっている。

いきものがかりではダメだというのであれば、
石川さゆりを大トリで良いではないか。
それでこそ、ではないか。
なぜSMAPなのか、と。
今年はもういいかげんにそれはやめてほしい。
それはレコード大賞のAKB48しかり、である。

もっと、Do the right thing!
と叫びたい。


*****


アントニオ猪木率いるIGFの
藤田vs.小川戦はどうやら
しょっぱい内容に終わったようだが、
ボクシングの世界戦は非常にレベルが高く
素晴しい内容を見せてくれた。

特に井岡はやはり天才と言われるだけの
ものがあり、隙がまったくない。
相当、強いと感じる。
パウンド・フォー・パウンドでも相当に
上のレベルに位置されるだろう。

今後、よりタイトな試合になったとき、
どこかでの引き出しがあるか。
そこが楽しみである。
まだまだ相手関係から余力がある。


*****


さて、今年の年賀状。
アントニオのそれを二種類、
ワイフ用に一種類、自分用を一種類の
合計四種類を自ら作成して、
最も遅れて自分の分を大晦日に投函した。

当欄にアントニオのそれと自分のものを掲載したい。

010113a.jpg

2013a.jpg

帰国後の年賀状では毎年、揮毫で筆で書いている。
今年の言葉は<常山蛇勢>。

やはり今年も「闘い」がダモシ軍の根本になるため、
それにまつわるものとなった。

格闘技に関しては
昨年アントニオは、
ボクシング、
空手のフルコンタクト、
空手の伝統系防具付、空手のグローブ空手と
異種格闘技含めて年間7回の優勝を飾った。
今年も各方面へチャレンジを引き続きであり、
再来年を目指して進めてきている米進出への
足がかりをつかみたいところである。

アントニオ自身の小学五年でのニューヨーク凱旋。
私とワイフにとってはニューヨークとの再会。

アントニオと共にニューヨークに行く。
これは私の大きな夢である。
少しでもそれに近づけるよう
今年も変わらず努力したい。

タレント活動も、
映画、テレビ(ドラマ)、テレビ(バラエティ)、
映像商品、教育紙媒体(某教科書)、テレビCMと
着々と仕事を増やしていっている。
これも引き続き奮闘したい。

春には、昨年に引き続き
東日本大震災復興応援〜鎮魂の空手型の旅を挙行予定。
ここではいよいよ私自身も演武を行う気持ちである。

そして常在富士。
昨年、暴風雨で八合目で撤退を余儀なくされた
アントニオ初の対富士。
今年はリベンジを賭けた再チャレンジである。
父子揃ってのニッポン最高峰への到達。
これは夢の一つである。
当然、安易なルートではなく、
今年もいつもの苦しいルートを往く。


posted by damoshi at 01:12| R-246 ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。