2013年02月03日

プレスリリース


<プレスリリース>

アントニオ選手が在校する小学校にて
学外の活動で県大会・全国大会レベルでの
顕著なパフォーマンスを挙げた児童に贈られる賞を受賞。
全校朝礼において授与式が行われた。

syo1.jpg

syo2.jpg

ダモシ氏の談話:
たいへん名誉あることで学校には感謝です。
勝ち負けを超えたところで、ふだんの努力とそのパフォーマンスを
正しく評価し称える仕組みは、人のモチベーションを高めます。
「プレイヤーズ・ファースト」の意識がなにごとにおいても低い
ニッポンという国の中で、このようにプレイヤーを評価することは
たいへん素晴しいことで、そういう学校に行かせていて良かったと
感じています。これに恥じずに、闘いでの勝ち負けだけではなく、
空手のおいては型の追求含め、人間性を高めていくことを主眼とし
今後も共に取り組む所存です。所属道場、在籍学校を背負っている
という意識を本人も持っていますので、さらに精進できるでしょう。

:::::

昨年に続き、東日本大震災被災地慰問
<宮城〜祈りの旅〜鎮魂の型演武>が三月下旬に挙行される。
アントニオ選手は既に今週から
空手型最高位にして
空手道の型及びそのエッセンスの集大成である型に
取り組んでおり、十八番の絶品型・征遠鎮に加えて
その型を演武する方向だ。

以下、今年度のポスター&ポストカード、Aタイプ四種。
バックは宮城県の名所(伊達政宗像、松島、塩竈神社、石巻)が
施されている。

pfm2013.jpg

今月中に、Bタイプも完成する。
Bタイプは、最高位型でのアントニオ選手の写真が掲載される。

ダモシ氏の談話:
社会の中のヒトとして、人間性の構築にも大切な所作が
この祈りの旅だ。子供だが立派なひとりの人間であり、
既に彼はもう分かっている。
学校はもとより、多くのことを空手やタレント活動での
仕事、昨年の祈りの旅その他で理解し感じてきている。
彼自身がどのような心構えで被災地を関わるか。
そのヒントを与え、あとは本人が考えて行動することだ。
そして、もう彼はそれが出来る。
私は後押し、ヘルプする役であり、
すべては、プレイヤーズ・ファーストだ。


posted by damoshi at 01:00| R-246 ダイアリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。